国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

少し早めに交換

つい数週間前まで猛暑だったかと思うと、ここ数日は朝夕が涼しいですね。

秋の長雨っていいますが、よく雨が降るように感じますrain

さて、先日は80さんの能勢YGアウトラインを2本だけ先行交換しましたが

詰めたLEVIN-Gも菌糸が回ったので、残り3本を予定より一週間早めの80日交換。

Yg28

結果はオス 28.1g、メス 14.1g、11.5g とあと一歩欲しかったところsweat01

2本目の管理を丁寧にしたいです。

あとは、押忍鍬0098さんから里子にいただいた能勢YG。

800ccボトル、虫家25℃管理でしたが、食い上げが早かった一本だけ47日交換。

Yga20_2

オス 20g と健闘してくれています。

まだ、3令になって間もなかったのかボディーは細いですが、それでも2ヶ月未満で20gupup

これは期待が膨らみます・・・・coldsweats01

残りの4本はどうかなぁ~heart04

2010年9月25日 (土)

次の交換までに

シルバーウィーク後半ですねshine

先週から休日と出張ばかりで事務所のデスクに戻ってないので、月曜日には書類&メールがドッサリと待っていそうな嫌な予感・・・coldsweats02

LEVINを詰め×2したものの先週はボトル交換が無く、記事が更新されないまま一週間down

これではアカンやろ~とネタを探しました。

まずはコレdownwardleft

Cimg1751

アップにすると大きいのか小さいのかわかりませんが

乾電池と比較するとコレdownwardleft

Cimg1750

エレガントゥルスコクワです。

4月に1ペアをもらって6月に孵化して、もう既に一頭は蛹に・・・

なんとサイクルの早いことsweat02

詰め×2で余った菌糸に投入して当然のように“一本がえし

   (正確には“半分がえし”ぐらいですが)

  ・

  ・

  ・

次が本日のメインです。

いつアップしようかと考えてましたが、我慢しきれずのアップです。

ジャンsign03

Cimg1740

陸王さん&ガッタさんプレ企画で当選させていただいたashさんからの久留米sign01

(撮影技術がなくて良さが伝え切れてません。スイマセン)

「80ミリあるかないか微妙ですから・・・」と謙遜されましたが、とっても素晴らしい個体ですshine

ashさん、ありがとうございましたheart02

素敵な方とご縁ができたと喜んでおります。

陸王さん、ガッタさん、ありがとうございましたheart04

※私の協賛品の当選者様。只今、野菜収穫中につきしばらくお待ち下さいネpresent

2010年9月17日 (金)

菌糸交換(川西G&能勢YG)

クワ友さんたちの瓶交換の記事を読んでいると、みなさんイイ個体続出ですねshine

今年は投入が少し遅かったため、出遅れ気味ですので「ウチは大丈夫かなぁ・・・」と少々不安になりながらの交換。

今日はcamuzeさんラインの川西Gを5頭。

6/19投入、25~26℃管理、くわがた村インパクト80の800ccを使用です。

2オス3メスで♂25.7g25.6g、♀14.0g13.6g12.0gと何とか最低ラインはクリアかなぁ。

ボリュームのあるフォルムはポテンシャルの高さを感じました。

これはインパクト80の1400ccへ(♀が多かったですがちょっと贅沢restaurant

Kawanisiosu

Kawanisimesu

その後、80さんからの能勢YGアウトライン

まだ、70日経過ですが、LEVIN-SPを使用してみたら微粒子ゆえに90日が厳しかったようで食い上がりの早かった瓶を2本先行交換しました。

結果、♂28.5g、♀16.1g と、こちらもまずまずwink

Ygosu

Ygmesu

80さん今年イチ押しのラインですのでプレッシャーがかかりますが♀16g超はGoodでしたup

オスも体重以上に長さのあるフォルムでしたし、2本目以降に期待です。

こちらはLEVIN-G1400ccへ投入。

この連休に次々と交換したいところでしたが、納品待ちが長かったので、明日からツメツメ。

次回の交換は10月第一週予定です。

2010年9月13日 (月)

お坊ちゃま本土ヒラタ

先週までは猛烈な残暑が続いていましたが

つい数日前から朝夕はほんの少しだけ過ごしやすくなって来ましたねclover

我が家のワインセラーと虫家が置いてあるガレージも、夕方には温度計が久々に30℃を切っていましたconfident

Cimg1726

この猛暑のなかでこの2台はフル回転の大活躍してくれました(ちなみに小型扇風機は虫家のペルチェ部分の空冷です)

この夏の敢闘賞です。

ということで、今週はオオクワの菌糸瓶交換がなかったので

クワ友のYさんからいただいた兵庫県小野産本土ヒラタのマット交換です。

8月初旬に初令プリカ投入していたのですが、♂6~8㌘とけっこう大きくなってました。

Cimg1729

Cimg1721

ドルクス暖家さんのHigh Effectマット、くわがた村さんのストロング4番マットを使ってみました。

どちらもけっこう高価なマットで贅沢仕様の“お坊ちゃまヒラタ”たちですshine

食痕が見えにくいので菌糸ような手応え感は少ないですが、ブレンドしたり材を放り込んでみたり・・・と手軽に工夫ができるところはマット飼育の魅力ですねflair

ようやくLEVINブロックが納品されるということなので、今週は詰め×2作業を頑張りますsign03

2010年9月 4日 (土)

ぼちぼち交換開始

最近、めっきりクワネタがありませんでしたので、久々にクワガタの登場です。

YGや川西は少し投入が遅かったので、まずは岡山県笠岡市産F2香川県綾川町産F3

けっして大型血統というわけではありませんが、信頼できる方の採集物で、なおかつスタイルが気に入った個体を累代飼育しています。

サイズとか太さではなく、極めてベーシックな個体の美しさがなぜか気に入っています。

香川は5頭中、♂25.0、21.1、♀10.3、10.0、☆1

岡山は10頭中、♂23.5、23.2、22.4、21.0、♀12.6、12.0、12.0、11.5、11.3、☆1という結果でした。

菌糸瓶の交換をshopでやっていたので、つい写真を撮るのを忘れてしまってました。

危うく写真なしとなるところでしたが、最後の一頭を写メでパチリcamera

20100904132556

まぁ、産地物のF2とF3ですので90日交換ならこの程度でしょう。

次回は2週間後の川西産になります。

どうなることやら・・・ 乞うご期待 wink

2010年9月 2日 (木)

お薦め子育てBooks

この夏の暑さから予想していたとはいえ、残暑が厳しいですsun

クワ友の方々のBlogを拝見していると“子育て真っ最中”という方が結構いらっしゃいます。

ということで、クワガタの飼育ではなかなか皆さんに貢献できないので、自分の専門分野で本を紹介します。

私が今回お薦めする本はこちらflair

Photo

川崎医療福祉大学教授の佐々木正美先生の「子どもへのまなざし」とその続編です。

心理学の領域では発達心理学というんですが、ホントに学術的にもレベルの高い世界を、子育てに向き合っている親御さんに向けて実にわかりやすく、実に温かい眼差しで書かれた本だと思います。

子どもたちの未来を願う方々に必見の一冊だと思います。

是非、ご一読をsign03

クワネタでなくてスイマセンcoldsweats01

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします