国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

YG♀の羽化

昨日は雨天にもかかわらず、市中学校陸上大会の審判rain

中学生たちは雨でも元気ですねぇ~。彼らの一生懸命さに元気をわけてもらいましたsports

さて、おおくわ80さんアウトライン能勢YGが羽化。

こちら Max14.5g だった♀。

Cimg2512

もう少し縮むと思いますが、現在52.7mm

まだ16.1g(アウトライン)、15.6g(インライン)の♀がひかえていますので羽化を待ちたいと思います。

♂の羽化はまだ先ですので無事に羽化してくれるか心配ですが、まずは来期に使えそうな♀個体が羽化してくれてホッとしています。

また、ある方が幼虫を採ったものの時間がかかるので・・・と譲り受けた三田市産ミヤマ

羽化直後の擦れていない微毛を見たいという思いから露天掘りを決行。

Cimg2514

低温管理の難しさと幼虫期間の長さゆえに飼育者が少ないミヤマ。

この個体も2年がかりでの蛹化です。

<プレ企画のご案内>

秋田県の飼育者さん、A(秋田)・K(クワカブ)・B(ブリーダー)によるプレ企画

AKB合同プレ(かっつさんブログへ)の開催中です。

   本日(29日)は応募受付最終日

    時間は23:59までとのこと。

興味のあるかたはお急ぎ下さい scissors

2011年5月24日 (火)

これは。。。。 スゴイぞ!!

朝起きると新聞を読むのは我が家の日課sun

小学校6年になる娘ですら、私のあとに○○新聞を読んで「子ども手当ってねぇ~」などと少々生意気なことを語る。

しかし、時代の流れなのでしょうか、朝刊は読みつつ、私もインターネットでのニュースをよく利用するようになりました。

そんななか、先ほどHPを開くと、“お~っ、スゴイ~”と思わず唸ってしまう記事が目につきましたupup

それが読売新聞社さんのこちらの記事sign03

太古の時代にまさかカブクワ飼育の趣味があったとは思いませんが、里山の人々とクワガタたちの姿が蘇るような気がしました。

今日の我が家のクワはというと・・・・

メソトプス・タランドゥスの♀が羽化していました。

(孵化~羽化まで半年というのは興味深いですねflair

Cimg2456

45mmと小さいながらも完品での羽化。

ワンペアを譲り受けたのですが、残念ながらオスは前蛹のまま★にcrying

レギウス×2♀ タランドゥス×1♀ メソトプス系は見事に偏ってしまいましたcoldsweats01

2011年5月22日 (日)

早めの治療が効果的

ご紹介が遅れておりましたが、先日、なおはるさんより交換トレードとしてこちらが着弾sign01

Cimg2493

ダビソンフタマタ(南インド タミールナドゥ産)の♀42mmです。

Cimg2494 Cimg2495

我が家のダビソンは男系家族だったので、メスに偏ったなおはる家との縁組みとなりましたflair 

なおはるさん、どうもありがとうございましたheart04

爆産bombするフタマタとして有名になったこの種(価格も大暴落しましたね)。

さて、このトレードがどういう結果になるのでしょうsweat02

さて、以前羽パカの応急処置に絆創膏を貼り付けられた能勢産オオクワ

Cimg2443

あれから3週間が経過しました。

現在の姿は・・・・

Cimg2500

無事、綺麗に上翅を閉じていますup

70mm前半の小型個体ですが、ちょっと大顎が太めでなかなかのshine男前shine

早めの治療が効果的でした。。。。。hospital

2011年5月21日 (土)

これは・・・ 白 or 黒

<お知らせ> チョネさんとリンクさせていただきました。

今後とも宜しくお願いしますsign03

今日も梅雨の走りを感じさせるような蒸し暑さでした。sun

今年はスーパークールビズとかで、職場でも冷房が入れられず、夏に向かって暑さに耐える日々がやってきそうですsweat01

さて、能勢YG血統が羽化してきました。

押忍鍬0098さんよりいただいた素晴らしい血統背景を持つラインなのですが、飼育者の力不足で80mmを大きく割り込んでしまいました(反省ですdown)。

Cimg2468

     (右大顎に少しディンプルが出てしまいましたが・・・)

しかし、羽化から2週間が経過してよ~く観察してみるとeye

   “目の色が・・・sign01

Cimg2472

どうも白眼個体のような気がするのですがいかがでしょうsign02

私は基本的に赤眼白眼のラインを飼育したことがないためよくわかりません。

外産では羽化直後にグレーの場合があるのですが、もう羽化後2週間経過していますし・・・

みなさんのご意見をいただけたら幸いですclover

続いては以前、期待のシークレット種№1として公表を控えていました『メソトプス・レギウス』です。

投入直後にカワラ菌糸のトラブルで結局ほとんどの幼虫を★にしてしまった苦い経験ですcrying

そんななか瀕死の重傷から再起した2幼虫が蛹化しました。

Cimg2474

ご覧のとおり、見事に2メス coldsweats01

メスにグリード2Lを使用するあたりにリベンジに賭ける思いを感じて下さいsign03

ちなみに、秘密にしていた飼育種は

メソトプス・レギウスウィックハムヒラタ、そしてヒペリオンヒラタですflair

レギウス以外はかなりマニアックな方向に暴走中ですねdash

2011年5月15日 (日)

間一髪!セーフ

GWでリズムを崩したわけではないのですが、先週は超多忙な毎日でしたsweat01

ところで5月も中旬になると昼間はホントに暖かいですねsun

それでも夜は少し肌寒い。。。。。moon3

昼夜の寒暖の差が激しいこの時期は、放っている廃菌床からもキノコがニョキ×2

Cimg2459

そんななか、羽化を待つ阿古谷のボトルの1本を見るとeye

蛹室付近に何やら怪しい雰囲気が・・・・

Cimg2463

もしかするとsign02」と思いながら掘り師に変身すると。

   ア~~~ッ coldsweats02 

Cimg2462

羽化直後の個体の蛹室に、ふっといキノコがニョキ×2

間一髪セーフcoldsweats01 危うく羽化不全or★になるところでしたsweat02

また、先週発見の完璧に忘れ去られていたマンディーブラリスフタマタ

なんとか無事に完品羽化してきましたup

Cimg2465

まだ赤い状態ですので縮むと思いますが95.3mmと、放置した割に大健闘sign03

大型個体はすごくカッコイイですし、100mmUPもさせたいのですがここらで撤退します。

あと、国産オオクワの産卵セットは、1ラインを除いて順調だと思います。

投入からちょうど3週間が経過しましたので、とりあえず一旦メスを引き上げました。

1週間産休に入ってもらった後、第二弾セットの予定ですpunch

2011年5月 7日 (土)

ここにきて国産オオクワのボトル3本目交換。

GWもついに後半となりました。

2011年クワ飼育も多くの方がペアリング&産卵セットの段階かと思います。

我が家も基本的にはその流れなんですが・・・・clover

イレギュラーなラインがいくつかあります。

その一つが、押忍鍬0098さんからの新潟県某所産WF1(11/4投入)3頭です。

一本目終了(2/6)時点ではWF1としてはかなり好結果。

今回の交換ではどうなったのでしょうかsign02

最初のは、11.8g13.5g

大健闘の13gUP。。。。(かなりご機嫌ですlovely

Cimg2453

続いてのは、22.8g25.5g

これも何とか25gをUPしてきてくれました。

Cimg2455_2

そしてもう一頭のは、23.8g26.8g

WF1としては久々の好感触でしたupup

Cimg2454

♂1400cc、♀800ccのインパクト80菌糸ボトルへ投入。

しかし、ここからしばらくすると低温期間へと移行しなければならないのですが、外界は夏に向かってまっしぐら・・・・sun

さぁ、ここからが管理の難しいところですsweat02

なかなか繊細なグラデーションをつけた管理は難しいかもしれませんが、WF1完品羽化75mmUPを死守するように最善を尽くしますsign03

2011年5月 5日 (木)

初飼育種の羽化

今日は長袖では暑いぐらいの良いお天気でしたsun

こどもの日でしたし、お子様連れでお出かけの方も多かったのではないでしょうか。

ウチは高校生にもなるとあまり親父と一緒に外出することもありませんので、散歩がてら近所のクヌギ樹皮メクレを確認してきました。

昨年はカブトヒラタコクワがよく採れたお気に入り。

Cimg2448

そろそろ樹液が滲み出てきそうになっていました。

今年も期待できるかな smile

クワは、初飼育種キルクネリウス・グアンシィのオスが羽化。

先日のメスとあわせて完品1ペアです。

サイズは50mmというところでしょうかsweat01

交換時期がわからずカワラ800cc1本孵しでしたので仕方がありません。

Cimg2450_2

なんとか小歯は免れたようで、個性的な大顎を見ることができました。

あと幼虫が3頭(たぶん1♂2♀)いますので累代は大丈夫でしょう。

次世代ではもう少しサイズのUPを目指しますpunch

あとはマンディブラリスフタマタが蛹化していましたcoldsweats01

(飼育種一覧からも消え、完璧に忘れていた最後の♂1頭)

Cimg2452

今回のBE-KUWAはフタマタ特集でしたので、興味を持たれた方も多いと思います。

大型種で幼虫もグ~ンと大きくなりますから面白いです。

でも、蛹化するまでが大変。大容量のボトルが必要なうえに大暴れしやすいです。

Wild100mmUPはそんなに珍しくないですが、飼育の100mmUPはかなり難しい実感です。

(ほぼ間違いなく、今季で撤退しますsweat02

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします