国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

どうしても出てきます。。。。早期羽化

今日は朝から人間ドックへ行ってきましたhospital

いつもはバリウム検査で済ませるところですが、今回は果敢に胃カメラをセレクト

Cimg4347

かなり上手なDr.だったのですが、それでもキツかったですねweep

健康管理のためとはいえ、何度やっても嫌なものですsweat02


そろそろオオクワも3本目への交換ですが、交換を待たずしてこのような個体も出てきてしまいます。

Cimg4351

「メスなら使えるのですが、オスはなぁ・・・」

ちなみに、この個体は2本目交換時 25.0g

種親に似て形状は良さそうですが75mm程度でしょうね。

Cimg4357

Cimg4359

こちらの大暴れ個体は2本目交換時 27.5g

暴れ前は30gはあったかもしれませんが、こんなものです。

2本目30gUP個体は、全頭ほぼ順調だということを考えると、この程度のポテンシャルの個体だったのでしょう。

全頭が順調に成長してくれるのに越したことはないですが、トップクラスの個体に環境を合わせてサイズを狙おうとすると、自力のない個体はどうしても自然早期羽化してしまうように感じます(特に能勢YGは)sign03

(・・・って、飼育力を棚上げにしています)

皆さんのところではいかがでしょうね。

2012年11月28日 (水)

『ポチッ』 衝動買い!

特に何か欲しい物があったワケでもないのですが楽天市場を検索していたらこんなものを購入してしまいました。

Cimg4336

オオクワガタ柄のネクタイ

こちらの カロラータ楽天ショップさん の商品です。

「ものは試しに・・・」と購入してみましたが、思いのほか良い質感でした。

気になった方はどうでしょうかcoldsweats01



さて、オオクワ飼育界では菌糸詰め3本目の時期ですね。

我が家はPPボトルにしましたので、こんなガラス瓶の余品があります。

Cimg4330

太めの方は2箱 → 1箱(20本)、細長い方は1箱(12本)あります。

すべて蓋付きです(穴あけ済み、タイペスト紙なし)。

中古ですが綺麗な瓶だと思いますので、ご希望の方がいらっしゃいましたら、送料着払いをご理解のうえ、メールフォームよりご連絡を下さいmail

先着の方に無料でお譲りしたいと思います

flairおかげさまで希望者が決定しました。

flairご応募ありがとうございました。

2012年11月26日 (月)

やっぱり詰めるのは疲れるわぁ~

連休初日に到着した菌糸。

まず、第一弾はLevin-G16ブロックから。

一本目二本目三本目 と詰め具合に気合いを入れますので、三本目は最難関sweat02

Cimg4331

ご覧のとおり何とか1400cc × 40本+α を詰め切りましたsign03

お陰で今日は筋肉痛に悩まされていますが、これも大事なオオクワ様のためと我慢ですね。

この労力に応えてくれる幼虫が出てくるでしょうかsign02



ちなみに、作業の合間に飲んでみたこちらのドリンク。

Cimg4326

KAGOMETOMASH

某コンビニの抽選の景品にいただいた品です。

トマジュー好きの私ですが・・・ coldsweats01

なかなか微妙なお味でしたねぇ~

2012年11月24日 (土)

南丹市美山町のぼたん鍋

昨日は、職場の同僚やそのOBらの会合で京都府南丹市美山町へ。

京都府内では、「かやぶきの里」として有名な観光名所の一つです。

少々肌寒かったですが、紅葉がとても美しかったです。

(紅葉の写真を撮り忘れ・・・)

会場はこちらの枕川楼(ちんせんろう)さん。

Cimg4321

昼間は、京大名誉教授の某先生よりスーパーバイズをいただき、しっかりと頭と心をつかいました。

夜の部は、こちら

Cimg4322

今月15日から狩猟解禁になったぼたん鍋。

楽しいひとときを過ごさせてもらいました。



帰宅すると・・・

Cimg4324

菌糸がドカ~ンと到着sweat01

さぁ、今から気合い入れて詰めるぞっ sign03

2012年11月22日 (木)

35gなんだけどなぁ~

3本目のボトル交換が迫って来てるのに、なかなか腰が上がらない私sweat02

この連休で少しずつ詰め×2したいと思いますpunch



さて、そんな時に、まだ2本目への交換をしました。

あまり食痕が進んでませんでしたので、放置していたのですが、掘ってみるとこの重さ。

Cimg4297

オス35.1g

Cimg4298

メス16.7g

お~~って言いたいところですが、残念down

これはDorcus grandis grandis (ラオス・シェンクアン産)です。

Cimg4299

さすが、世界最大のオオクワガタ(個体によっては50gUPの世界だと聞きます)ですが、それがそんなに簡単には大きくはならないんですよね~。

「グランだから楽にBigサイズが出る」なぁ~んてことはないので、創意工夫しながら頑張って育てたいと思いますsign03

まずは85mmを出すのが目標かなぁ~clover

2012年11月19日 (月)

投入の遅かったラインのボトル交換

何かと新しい物好きな性格なのでしょうか。

先日、発売になったこちらの新商品を飲んでみました。

トクホ”のコーラです。

Cimg4283

KIRIN社からは既に発売され、飛ぶように売れていると聞きますが、こちらはペプシ社製

ゼロカロリーコーラは、ペプシNEXが一番美味しいと感じますので、期待して買ってしまいました。

お味と効果のほどはいかに・・・sign03



さて、ニックTさんより里子にいただいたB団さん853系の良血統。

メス個体をいただき、当方で産卵させたのですが、残念ながら2頭しか採れず。

その2頭もなかなか食痕が進まなかったため、交換を引っ張っていた個体です。

投入時期が遅かったため、これが2本目ボトル

Cimg4296

30.5g 能勢YG血統(77.5×49.8)

何とか30gをUPしていました。

他ラインと飼育時期がズレているため大型化には不利な環境ではありますが、更なる成長に期待したいと思いますclover

2012年11月15日 (木)

久々に本の紹介

読書の秋というには少々寒くなってきましたが、

カブクワネタが少し薄くなってきましたので、久しぶりに本のご紹介book



当Blogに立ち寄っていただく方には子育て中の世代が多いように思いますが、特に小学生の保護者の方に読んでいただきたい一冊。

Cimg4288

「子どもの『10歳の壁』とは何か? 乗り越えるための発達心理学」渡辺弥生(光文社新書)

前思春期に生じる様々な変化をエビデンスを示しながらわかりやすく記してあります。



次は最近、私が興味を持っている精神分析的心理療法の本。

Cimg4287

「不在論」松木邦裕(創元社)

人生の精神的苦痛の根源としての対象の不在について、ストレートに言葉が突き刺さる。

初学者からベテランまで心理臨床家必読の一冊。



最後は、先日の日本箱庭療法学会のシンポジウムにてお話をうかがった、赤坂先生の著書。

Cimg4286

「3・11から考える『この国のかたち』東北学を再建する」赤坂憲雄(新潮選書)

個人的には文学や歴史関連書はあまり読まないのですが、とても興味深く読み進められた作品。

学会でも示された遠野物語99話から考える「死者との和解」は心に響きます。


いや~、菌糸amazonの請求が恐ろしい毎日ですsweat02

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします