国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 産卵セット6日目 | メイン | ラオスグランディス(今年も撃沈) »

2013年5月 9日 (木)

昆虫の図鑑

GWが終わってしまいましたね。

早速、連休明けから仕事に全力投球ですsweat01

暖かかったり寒かったりと温度差が激しい連休でしたが、天気の良い日にはモンシロチョウも飛び交っておりましたtulip

Cimg4928

樹液採集もあと少しすると本格化してきますsun

楽しみな季節の到来ですsign03



さて、先日のこと。

ある方から「オオクワガタって桜の木にいるんですよね?」とのご質問sign02

確かに “いる” という話も聞いたことはありますが、圧倒的に成虫の樹液採集では台場クヌギ、幼虫ならカワラエノキ材あたりが定番であり、サクラで採集したという情報は圧倒的に少ないと感じます。

いる” か “いないか” を言い切るほどの知見は私にはありませんが、その方の質問の背景にあったのは「昔の昆虫図鑑に載っていたから」ということは何となく理解できましたflair

私も幼少期に読み込んだこの本に「サクラの木」の記述があったように記憶しています。

Kontyuu1

小学館 学習図鑑シリーズ2 「昆虫の図鑑」

昭和40年代に出版されたベストセラーですね。

この本を見てオオクワガタへの憧れを強くした方も多いはずshine

昔の記憶ですので曖昧ですが、そんな記述がありましたよね~。

最近の子ども向け昆虫図鑑にはどんな記述がされているのでしょうか。

とっても興味深いところですsign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/495899/31502693

昆虫の図鑑を参照しているブログ:

コメント

こんにちは~。

さくらの記憶、私もありますねぇ。
早速、持っている図鑑で調べてみました。

小学館 学習図鑑 昆虫の図鑑
昭和45年改訂35版(古っ、笑)
オオクワガタ
35~60mm
ミズナラなど樹液に来るが少ない。

学研の図鑑、ポケット版
2002年初版
オオクワガタ
30~76mm
木の穴や倒れた木にひそむ

小学館の図鑑、NEO
2003年初版5刷
27~76mm
クヌギの樹液などに集まります。

どこにも桜が出てきませんねぇ。
考えられるのは、昔のポケット図鑑です。
この図鑑だけは、ボロボロになるまで読んで、今は持ってませんので、確認できませんでした。

こんにちは。
材割り採集はしないので分かりませんが、
私も桜の朽木に入っているのを聞いた事があります。
でも樹液採集では聞いた事がありません。。
小学生の子供の頃に近くの桜並木でオオクワが採れた~!と
噂になったのを覚えていますが本当かどうか分かりません^^
今でもオオクワガタは憧れであり幻のクワガタだと思っています。

こんにちは。
自分は子供の頃はノコギリクワガタが一番興味があったので、オオクワガタの記憶はありません。
我が家の近くは桜の名所が沢山ありますが、桜の木でクワガタを見つけた記憶はありません。
と言っても横浜なのでオオクワガタがいないですね。

洞などを一時的な隠れ家として利用することはあるかもしれませんが、松ヤニのような桜の樹液に虫が来るとは思えません。
朽ち木割りでは私の回りで2例報告があります。

その時代から、採集技術や飼育技術が桁違いに進歩したということなんでしょうね(*^_^*)

こんばんは。
懐かしい本ですね~(^^)縫製が取れるまで読みました。
一昔前とは、知識の違いが出ておりますね。
でもオオクワは憧れの虫ですよね!

子供の頃桜の木でコクワは採ったことがあるんですが
オオクワいるんですかねぇ~(^_^;)
それにしてもかなり古い図鑑ですがデザイン自体は私が子供の頃もそんな感じでしたね^m^

はじめまして!
クロノグラフを書いているセーケンと申します!!

先日、桜からオオクワガタを材割採集しました。
桜材は大抵茶色く腐食するんですが、条件が整うと
クヌギの白色のようなサクサク材になり、
オオクワガタが入ります。

成虫は桜では採集出来ないと思ってます。

確か私が愛用していた本にも
桜にいると記載があり、子供の頃は
いるんじゃないかとよく見ました笑

こちらには、桜の名所が数多くあるのですが…

やはり山の中でないといないみたいですね。

今年は、夏休みにWILDゲット作戦を考えているので…

昔の思い出…忘れられないですよね!

ashitakaさん、こんばんは。

貴重な文献をお持ちですね~
ポケット図鑑私も持っていました。
どの本も子どもの頃にバイブルでしたねぇ~
情報をありがとうございました。

グリーンさん、こんばんは。

確かにオオクワは、心のなかでは今も幻のクワガタですね。

幼虫はいるでしょうけど、樹液は厳しいでしょうね。
同感です!

paxさん、こんばんは。

確かにノコやヒラタが貴重でしたよね。
オオクワは幻のクワガタでした。

関東は、ノコとミヤマが中心でしょうか。

ネブ党さん、こんばんは。

確かに材割りなら可能性ありでしょうね。
おっしゃるように樹液採集は、樹液の質から考えても難しいでしょうね。

アカモビさん、こんばんは。

確かに菌糸瓶の登場で飼育技術は飛躍的に変化しましたね。
生体の分析も進んで、採集についても格段に変化していますね。

シワさん、こんばんは。

私もボロボロになるまで読んだ記憶があります。
未だにこんな読み込んだ本は他にないかも・・・

カブさん、こんばんは。

サクラでコクワですか。
私も子どもの頃、何度もサクラを見ていましたが、採れなかったですね。
いそうな洞はありますけどね・・・

セーケンさん、こんばんは。

貴重な情報をありがとうございました。
私も同感です。
成虫の採集は難しいように感じます。
今後ともよろしくお願いします。

じろうさん、こんばんは。

Wild採集計画ですか。
遂に青森産を自力採集とは。
気合いが入って来ましたね!

コメントを投稿

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします