国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 昆虫の図鑑 | メイン | 産卵セット第二弾 »

2013年5月12日 (日)

ラオスグランディス(今年も撃沈)

ここ数日、暖かいな日が続いていますsun

カメラを片手に散歩をしていると、色んな小さな春を見つけることはできますね。

Cimg4932

花も虫も一杯で、お気に入りの季節ですup



さて、数頭のみですが本当に地味~ぃに飼育を続けているラオス・グランディス

綺麗に羽化してきています。

Cimg4962

35g前後までは育っていたのですが、羽化してみると80mmには届かずcoldsweats01

体躯はどうみても82~83mmクラスですが、これだけ大顎が湾曲すると体長には反映されにくいですね。

インド産(moriyai)に比べ、ラオス産(原名亜種)は難しいと言われるのが、何となくわかってきた気がします。

今更ながら、BE-KUWAギネス87.0mmって大変な記録ですsweat02

でも、それを上回る国オオ87.1mmって偉大ですねshine

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/495899/31515923

ラオスグランディス(今年も撃沈)を参照しているブログ:

コメント

国産オオクワも、いいですが、グランディスも、いいですね。
グランディスも今年産卵セットを組むのですか。

大顎の角の取れた所が好きです!
初齢投入のアンテの食痕が見えません(´д`)

こんばんは。
ラオス・グランディスは迫力ありますね。
とてもカッコイイと思います^^

ずっしーさん、こんばんは。

グランディスの累代はどうでしょうねぇ~
いずれにしても体内時計がしっかりしている種ですから。
もしセットしても翌年の春ですね。

HAさん、こんばんは。

アンテ良いですねぇ~
少し不安ですが、食痕が早く出れば良いですね。

グリーンさん、こんばんは。

国産オオクワにない魅力がありますよ。
でも大きめのボトルが必要ですし、コスト的にはシンドイですねぇ~

コメントを投稿

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします