国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

気づけばBlog開設3周年。

お陰様で「鍬形屋七兵衛の部屋」も6月27日で3周年を迎えましたshine

皆さんのように良い個体を育てることもできず、毎回つまらない記事ばかりではありますが、毎日多くの方々に訪問をしていただき感謝です。

これからも宜しくお願いしますclover


さて、2012年幼虫最重量個体が羽化をしました。

Cimg5104_450x338

能勢YG5番 82.1×52.6(SouTaさんとのコラボライン)

6/17 → 9/22 : 30.4g → 12/22 : 39.8g 

Cimg5105_450x338

Cimg5146_450x338_2

う~ん、今期の目標 85mmUPに一歩及ばずsweat02

取り出した瞬間に「いったか?」と思っただけにかなり悔しいcoldsweats01

Cimg5148_338x450

しかしながらボリュームがあって、大顎もエッジの効いた太くダイナミックな形状upup

間違いなく来年の種親決定ですsign03

2013年6月27日 (木)

コクワガタ&ルイスツノヒョウタン

国内で最もポピュラーなクワガタ虫といえば、迷わず「コクワガタ」と答えるでしょう。

しかし、このコクワガタは・・・

赤い”んです。

写真ではなかなか色合いが伝わりませんが、明らかに赤い。

Cimg5154_450x338

Cimg5152_450x338

ネブ党さん 自己採集の和歌山県某所産

無理を言って里子していただきましたshine

これは累代の価値アリだと思います。



また、同じくネブ党さん 自己採集のコチラ。

Cimg5101_450x338

Cimg5102_450x338

ルイスツノヒョウタンクワガタ

南西諸島や九州南部太平洋側の沿岸部を中心に生息する小型種ですが、コチラは和歌山県某所の採集個体。

独特の大顎の特徴が出ています。

和歌山産は、南方から黒潮によって流木と共に流れ着いたという説もあり、興味をそそりますflair

2013年6月25日 (火)

2012里子のご報告①

2012-13個体も残るはメス7頭、オス23頭bud

ぼちぼちと良い個体の羽化をご報告したいところですsweat01

まずは、ニックTさん よりの里子です。

Cimg5114_450x338

Cimg5115_338x450

  能勢YG 79.2×49.0

  28.3g → 31.2g  からの 83mmUP up

大顎がまっすぐに伸びるタイプで、幼虫体重の割に体長があります。

まだ、同ラインに32.9gも控えているので楽しみです。

ニックTさん、ありがとうございましたclover

2013年6月23日 (日)

里子の援軍に感謝

今年はどうも幼虫採りに苦戦をしていたところsweat02

昨日、nabeさん より援軍がありましたupup

Cimg5099_450x338

Cimg5100_450x338

能勢YGを3ライン



同じく本日は、KENJIROさん より能勢YGを2ラインupup

Cimg5112_450x338

Cimg5134_450x338

これで2013-14ラインの投入数は124頭

ほぼ予定数に到達することができました。

nabeさん、KENJIROさん、貴重な個体をありがとうございましたshine



ちなみに、くわがた村三田店の採集ギネスの現状ですが

Cimg5106_450x338

こんな感じです。

Danjiri Guyさんのオオクワ61mmUPは凄いですね。

ヒラタもそろそろ 60mmUP が出てきているようです。

今後の盛り上がりに期待ですsign03

2013年6月19日 (水)

大型メス個体

世間では85mm~86mmという大型個体の羽化報告が続いていますflair

我が家はその流れには乗り切れていないとは思いますが、残る蛹たちはどうでしょうねclover

せめて84mmぐらいは・・・ 期待をしたいものです。

メスにいたってはこんな個体も羽化しているんですけどねぇ~。

Cimg5073_450x338

56mmUP 能勢YG血統 1番(82.4×54.8) 

メス種親は大きかったので、たぶん出るだろうとは思っていましたが・・・

やはり55mmを超えてくると大きいですね。

でも、なんかイマイチびっくりする感じがしませんsweat02

オオクワのサイズに関しては、ちょっと感覚が麻痺しているのかもしれませんね。



それから、くわがた村三田店に行くとこんな虫がeye

Cimg5090_450x338

Cimg5091_450x338

Cimg5092_450x338

タガメの幼虫ですflair

まだ初令~2令とのことですが、オタマジャクシの生き餌をもらって、ここから短期間で一気に大きくなるといいます。

私は、成虫しか見たことがなかったので、縞模様の小さな個体が印象的でしたbud

2013年6月17日 (月)

幼虫採りに苦戦中

今期は能勢YGで8ラインの産卵セットのラインナップ。

このように、かじり具合はGood!でしたので「大丈夫だろう」と安心をしていました。

Cimg5045_450x338

しかし・・・

1番は2頭のみsweat01

2番~6番までは採れたものの、7番は無精卵と思われる卵ばかりdown

早期羽化に挑戦した8番は見事に空砲ばかりdowndown

採れているラインは爆産なんですが、どうもバラついた2013年でしたね。

これが不調を暗示していなければよいのですがcoldsweats01

現在、投入数は80頭程度bud

まぁ、今期は100~120頭を目処にしていたのでこんな感じでしょうか。

でも・・・ちょっと寂しい感じもしているので、投入時期が遅れることを覚悟で再セットを組もうかなぁ~sweat02

迷うところです。

2013年6月14日 (金)

割り出しのポイント

産卵材に節があると割り出しが大変ですねsweat01

でも、こんな節があっても・・・sign01

Cimg5079_450x338

Cimg5081_450x338

丁寧に割り出していくと・・・

Cimg5082_450x338

Cimg5083_450x338

いるんですよねぇ~


いつも思いますが、なぜか節のところには良く幼虫がいるんです。

油断大敵ですよflair

皆さんはそう思われませんかsign02

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします