国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

« 2012里子のご報告① | メイン | 気づけばBlog開設3周年。 »

2013年6月27日 (木)

コクワガタ&ルイスツノヒョウタン

国内で最もポピュラーなクワガタ虫といえば、迷わず「コクワガタ」と答えるでしょう。

しかし、このコクワガタは・・・

赤い”んです。

写真ではなかなか色合いが伝わりませんが、明らかに赤い。

Cimg5154_450x338

Cimg5152_450x338

ネブ党さん 自己採集の和歌山県某所産

無理を言って里子していただきましたshine

これは累代の価値アリだと思います。



また、同じくネブ党さん 自己採集のコチラ。

Cimg5101_450x338

Cimg5102_450x338

ルイスツノヒョウタンクワガタ

南西諸島や九州南部太平洋側の沿岸部を中心に生息する小型種ですが、コチラは和歌山県某所の採集個体。

独特の大顎の特徴が出ています。

和歌山産は、南方から黒潮によって流木と共に流れ着いたという説もあり、興味をそそりますflair

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/495899/31671185

コクワガタ&ルイスツノヒョウタンを参照しているブログ:

コメント

こんばんは!!

小型種も大好きな私としてはどれも魅力的ですね(笑)

いつかは、地元九州でルイス採集してみたいです。

赤いコクワですか~めずらしいですね(^o^)丿
累代個体がどんどん赤くなるのか楽しみですね(^^♪

redbearさん、こんにちは。

九州ではどのぐらいの生息数なのでしょうね。
和歌山産との違いがあるのか等、
興味深いですね。

かぶさん、こんにちは。

累代すると赤くなるのか
はたまた黒くなってしまうのか・・・

どうなるのでしょうね。

コメントを投稿

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします