国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

2013年11月13日 (水)

サワイコクワ 産卵セット

11月も中旬になり急速に寒さが増してきました。

予報によると今年の冬はかなり寒さが厳しいとか・・・snow

寒がりの私には堪えますsweat01


先日はグラキリスノコの爆産をご報告したのですが

あと1種、セットを組まずに放置されていた外産種が・・・sign01

Cimg5316

Cimg5314

Cimg5312

サワイコクワ(Dorcus sawaii)ベトナム・ゲアン産

数年前まではかなり高額だったのですが、最近は入手しやすくなってきましたね。

ほどほどに産んでくれたら十分です clover

続きを読む »

2013年10月29日 (火)

放置の産卵セットが・・・(グラキリスノコ)

以前に比べるとずいぶんと減った外国産種sign01

残っているのはお陰様でギネスを獲得しているコルポラアルノコと数種類のみ。

国オオに力を注ぎたいので、今は外産熱はイマイチ。

でも、成虫が成熟すると「1セットだけ組んでおこうか」と気持ちが動いてしまいます。

ただ、甘い気持ちでセットしちゃいけないですね。

ちゃっかり割り出しを忘れていましたsweat02

Cimg4547

グラキリスノコギリProsopocoilus gracilis

中国広西壮族自治区大瑶山産

Cimg5323

Cimg5327

材を割ったら・・・・   アチャ~ァsweat02

Cimg5328

出るわ出るわ・・・  大爆産でしたcoldsweats01

結構成長している幼虫もいるし、どうしようsweat01

2013年10月27日 (日)

2本目へのボトル交換(5)能勢YG&城島

Blogの更新が滞りがちでボトル交換記事もまだ残ってましたcoldsweats01

能勢YG25番ライン(82.1mm×52.6mm)

Cimg5298

   1本目最大幼虫 36.1g

2012年5番を再セットしたラインです。

このラインは85.1mmを筆頭に84~82mm連発のアタリライン

メスが元気だったので使用しています。

再セットで面白味はないかもしれませんが、

昨年とはひと味違う飼育レシピで更なるサイズUPを目指しますup



また、城島産も好調です。

城島産(81.0mm×51.5mm)

ミキハルさん里子幼虫からの自己ブリ、インライン

Cimg5306

Cimg5307

31.4g30.3g、29.3g、29.1g・・・

城島産としては1本目から飛ばしてますup

2013年10月24日 (木)

2本目へのボトル交換(4)能勢YG

Blog更新が不定期なためボトル交換の記事が完了してません。

まぁ、3本目への交換まで地味にUPしていきますsweat01


まずは、能勢YG血統5番ラインです。

80.5mm×53.4mm(SouTaさん × 80さん)

80さんからの系統は、幼虫体重の乗りが良く羽化個体も迫力があるので、SouTaさんの血統との交配結果は興味のあるところ。

結果的には、33.5g32.8g30.5gという状況でしたflair

    (残念ながら写真なし)

可もなく不可もなくというところでしょうか。

   

続く能勢YG血統6番ラインは、

82.4mm×51.0mm(80さんからの自己ブリのアウトライン)

オスは2012年種親を再使用です。

Cimg5308

Cimg5309結果は、35.9g35.6gと2頭が35gUPshine

Cimg5310

Cimg5311

メスも、20gUPが2頭と乗っていますshine

今期も楽しみにしたいラインですup

2013年10月22日 (火)

BE-KUWAギネス2013 コルポラアルノコ V2

過日、自宅のポストにメール便が到着。

Cimg5318

お~っ、到着したかと期待を込めて開封すると

Bekuwa49hyousi

BE-KUWA 49第13回ギネス特集号

2年連続でコルポラアルノコにてギネスを獲得させていただきましたshine

Cimg5321

マイナー種ではありますが、それなりに力を入れて飼育した成果ですので素直に喜びたいと思いますhappy01

評価は★★★★

まぁ、昨年からUPしていませんが仕方ないですねsweat02

ただ、寸評によると「マンゴレ島産の方が大型化が期待できる」ということですが、どうしたら入手できるのでしょうか think

ブル島産以外に見たことがないので、知っている方は教えてください。

さて、次は何で狙おうかなぁ~sign03

2013年10月 8日 (火)

2012年個体の報告 

しばらく更新をサボっていたのに、ここにきて急にボトル交換の記事を連発してますcoldsweats01

しかし、よ~く考えると2012年個体の羽化報告をしてませんね。

皆さんに報告できるような個体は出ていないのですが、一応ご紹介だけsweat02

2012-13の最大個体はコチラ eye

Cimg5245

Cimg5244 能勢YG5番 (82.1×52.6)  85.1mm

SouTaさんとのコラボラインです。

6/17→(9/22)26.6g→(12/22)34.7g→7/13 羽化

振り返るとこの5番ラインは本当に大当たりでした。

85.184.884.083.082.582.5

と我が家としてはなかなかのアベレージ。

コラボをさせていただいたSouTaさんに感謝ですshine

体長以上に体幅もあり、迫力のあるお気に入りの個体です。

先にご紹介した同5番ライン84.8mm、12番ライン(ニックTさん幼虫里子)83.0mmらとともに次年度の種親にKeepですupup

2013年10月 5日 (土)

2本目へのボトル交換(3)能勢YG

ボトル交換の報告も第三弾ですsign03

3番ラインは、す~やんさん82.0mmとエバクワさん幼虫里子からの49.5mmです。

メス個体の体長は小さいものの血統背景と安定感に期待をして使用しています。

最も大きかった幼虫は

Cimg5295

能勢YG3番(82.0mm×49.5mm)  33.8g

残念ながら35g突破はなりませんでしたが、まずまずです。

何よりこのラインは飼育10頭のアベレージが高いup

33.833.132.832.431.431.3

17.417.216.216.0

個人的には、こういうラインが高評価だと思っていますclover

 

 

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします