国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

2013年10月 1日 (火)

2本目へのボトル交換(2)能勢YG

本当に久しぶりの更新にもかかわらず、多数の方々にコメをいただき感謝ですheart04

ありがとうございます


引き続き、2本目への交換状況を報告したいと思いますsun

まずは1番ラインです。

す~やんさん から譲っていただいた82.0mmのオス個体に、当方の早期羽化53.5mmメスをかけた期待のラインだったのですが、わずかに幼虫は2頭が採れただけ

それでも“2頭が当たれば・・・”と淡い期待を込めて交換。

結果は見事にメス2頭weep

しかし、2頭とも 16.0g と良い感じ(残念ながら写真なしsweat02


続いて2番ラインです。

同じくす~やんさん82.0mmに、エバクワさん里子の51.5mmを使用。

35gにはわずかに届かず・・・sweat01

Cimg5293

 能勢YG2番(82.0×51.5)  34.9g

30.829.0 とやや成長に差が見られましたが、2本目でどう化けてくるか楽しみですsign01

メスも 18.117.817.5 と良い感じです。

こちらも期待したいと思いますup

 

 

 

2013年9月29日 (日)

Blog復活、ボトル交換開始です。

何かと多忙な毎日だったため、2ヶ月もBlogを放置しておりました。

決して飼育をやめたワケではありませんsweat02

ボチボチ復活したいと思いますので、宜しくお願いしますsun

さて、2012-13個体の羽化報告もちゃんと行っていないのに、2013-14のボトルが交換の時期になっておりました。

今季は飼育数をグッと抑えて120頭程度sign01

能勢YG主体ですので、オス35gUP、メス17gUPを基準に報告をしたいと思います。



まずは、当方の今季4番ライン

SouTaさん エバクワさん らと昨年コラボされた個体(2番×1番)。

無理を言って譲っていただいたので是非とも頑張って欲しいところ。

オスのサイズは小さいもののポテンシャルの高さに期待したラインです。

Cimg5302 能勢YG4番(80.5×51.5)  35.3g

この他にも33.9g,31.4gとまずまず。

さて、1本目からこのレベルが何頭出てくるかなっsign03

 

 

2012年12月20日 (木)

モザイク個体 (ウイックハムヒラタ)

年末まで2週間を切って寒さがドンドンと増しています。

どうやらクリスマスあたりには寒波も押し寄せる雰囲気snow

寒がりの私には堪えますsad


さて、いつも何かと話題になるウイックハムヒラタ

Blogの常連訪問者の方はもうご存じのこんな形状です。

Cimg4252

何頭か早期羽化し始めているなか、メスと思ったこの個体


おやっ・・・ sign02 

Cimg4381

数パーセントの比率で雌雄モザイクのようですね。

どうせならマジンガーZの阿修羅男爵のように綺麗に分かれ欲しかったですが・・・coldsweats01


来る12月22日(土)は、くわがた村三田店にてクリスマスイベントが開催されます。

Ncm_0016

セール中で商品も割引ですし、美味しい食事も用意されているようです。

お時間のある方は是非参加してみてはいかがでしょうかflair

2012年11月15日 (木)

久々に本の紹介

読書の秋というには少々寒くなってきましたが、

カブクワネタが少し薄くなってきましたので、久しぶりに本のご紹介book



当Blogに立ち寄っていただく方には子育て中の世代が多いように思いますが、特に小学生の保護者の方に読んでいただきたい一冊。

Cimg4288

「子どもの『10歳の壁』とは何か? 乗り越えるための発達心理学」渡辺弥生(光文社新書)

前思春期に生じる様々な変化をエビデンスを示しながらわかりやすく記してあります。



次は最近、私が興味を持っている精神分析的心理療法の本。

Cimg4287

「不在論」松木邦裕(創元社)

人生の精神的苦痛の根源としての対象の不在について、ストレートに言葉が突き刺さる。

初学者からベテランまで心理臨床家必読の一冊。



最後は、先日の日本箱庭療法学会のシンポジウムにてお話をうかがった、赤坂先生の著書。

Cimg4286

「3・11から考える『この国のかたち』東北学を再建する」赤坂憲雄(新潮選書)

個人的には文学や歴史関連書はあまり読まないのですが、とても興味深く読み進められた作品。

学会でも示された遠野物語99話から考える「死者との和解」は心に響きます。


いや~、菌糸amazonの請求が恐ろしい毎日ですsweat02

2012年8月 5日 (日)

ロンドン五輪 女子マラソン

ロンドンオリンピックでは各競技で熱戦が続いています。

陸上競技も始まり、ボルト選手や室伏選手など注目選手が続々と登場していますね。

そして、今日8/5(日)は女子マラソンがスタートしますsports

先日、出張で京都府与謝野町に行きますと、町役場はこのとおり。

Cimg4124

木崎良子選手(ダイハツ)の応援懸垂幕。

地元では、本日夕方からPV会が実施されるそうで、大変な盛り上がりですup

Cimg4126

与謝野町の名物、15万本のひまわり畑のように、ロンドンで大輪の花を咲かせて欲しいものです。

2012年7月31日 (火)

三田店 採集ギネス7月末の登録状況

ロンドンオリンピックが開幕し、各競技で熱戦が続いていますsun

私が愛するsports陸上競技sportsは、まだ始まってませんが、サッカー、柔道、水泳と目が離させません。

TV観戦が続いて睡眠不足という方も多いと思いますが、夜更かしはホドホドにしましょうね。


さて、くわがた村三田店の採集ギネスの登録状況flair

7月末現在はこのようになっております。

Cimg4116

ネブ党さん の独走状態かと思われましたが、ここにきてMさん アカモビさん が2種でトップに。

ミヤマなどは今が最盛期ですし、国カブ部門もこれから記録が伸びると思われます。

まだまだ、採集シーズンは続きます。

自慢の採集個体をGETしたら、迷わず三田店にGO!!です。



また、今年も夏祭りが実施されるとの情報です。

期間は8月18日(土)~19日(日)の2日間

Cimg4072

マット&生体は20%オフ

ガラガラ抽選も行われ、特賞賞品はコチラとなっていますshine

Cimg4114

TOSHIBAのREGZA32インチです。

これは挑戦するしかないでしょう。

2012年6月29日 (金)

電気自動車初体験

巷ではハイブリッド自動車が目立ってきましたねclover

クワ飼育の世界で“ハイブリッド”はあまり良い意味では使われませんが、自動車業界では今や再注目の領域sign01

ただ、100%電気自動車というと、まだまだ技術や価格の問題で一般的ではありませんね。

しかし、そんな時だからこそ、新しい物が好きな私はこれを試してきましたeye

20120624152635

20120624152653

20120624152743

NISSAN LEAF です。

最初は、「所詮、電気自動車でしょ」「パワーも走りもまだまだ・・・」と思っていました。

しかし、走り出したらビックリ仰天sweat01

アクセルを踏めば、エンジンでは考えられないような素早いレスポンスで、走る走るrvcardash

モーターの回転数が上がるとダイレクトに加速するんですup

価格はかなりの高額ですし、充電施設の整備などの問題点はありますが、単純に走るかどうかという点では、まったく誤解しておりました。

皆さん、これは一度試乗してみるといいですよ。

Cimg4051

帰りにはLEAFクッキーとLEAFミニカー、そして愛車JUKEミニカーをプレしていただき大満足でしたsign03

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします