国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

2011年4月 3日 (日)

心機一転!

大震災から3週間余り。

気がつけば暦は4月。新年度を迎えました。

私の業種は毎年この時期の異動で職場の体制が大きく変わります。

私も机が一つ上席に移動し、職責も増えましたので“心機一転”気持ちを引き締めていきたいと思いますsign03

しばらく発信を控えておりましたBlogも“心機一転”したいと思いますhappy01

休止中の飼育ではこれといった変化はありませんが、オオクワ岡山産香川産のメス個体が続々と羽化しています。

Cimg2386

大型ラインではありませんので今のところ48~49mmがMaxです。

今後のオス個体の羽化を楽しみに待ちたいと思います。

(77mm程度でいいので完品羽化してくれば満足clover

次はダビソンフタマタのオスがやっと羽化してきました。

20110402152202

サイズは81mm程度ですので、この種としてはまずまずでしょうか。

色ツヤのある上翅とストレートに伸びる大顎。格好の良い種です。

少し飼育のコツを掴んだ気がしますし、「累代決定」ですup

さらに2頭のみ3令初期で譲り受けたタランドゥス

12月初旬割出でしたので一頭はすでに蛹化(メス)。

落ちているのかと思いながらボトル交換したこちらは28.7g

20110402155116

     (体重からみるとオスでしょうか?)

初令投入してあったのが安価なボトルでしたので成長がイマイチ weep

しかし、もうひと伸びに期待ですsweat01

そして国産オオクワ2011の主役たちは現在ペアリングpunch

 <久留米×2、川西G×1、佐賀×1、城島×1>

もっと産ませたい種親はいるのですが飼育数のキャパを考えると・・・・sweat02

少数精鋭で30gUpの精度を上げるのが今シーズンの課題となりそうですbud

2011年1月22日 (土)

ダビソンフタマタがボチボチと

寒波もようやくヤマを越えて今日あたりは少し日も射す時もありましたsun

あと数ヶ月、寒がりの私には辛いシーズンですcoldsweats01

さて、昨年2/18割出のダビソンフタマタF2のオスがようやく蛹化です。

20110122171452

少し低温で飼育していたこともあって、思ったよりも時間がかかっていますね。

この個体で最終27.1gですので、ダビソンとしてはソコソコサイズsign02それでも1.4Lボトル一杯に蛹室を作ります。

ギネス88mmUPってどんなサイズなんでしょうねsweat01

猛暑のなかの管理法や途中で菌糸を切り替えてしまったり等、反省点は多々ありますが、なんとか完品羽化。そして次世代に期待したいと思いますflair

またどんどん増種中ではありますが、さらに“新たな種”を始めることになりましたsweat02

Cimg2149

今まで興味はあったのですが、ジッ~と我慢をしてきた種ですので、かなり思い切ったスペックの血統を入手。 満を持してのスタートです。

いきなりの1.4Lボトルというところでチョットだけ“気合い”を感じて下さいpunch

エッ、どんな種類かって・・・sign02

それはしばらくヒミツです()。では飼育結果は乞うご期待smile

2010年8月12日 (木)

お盆ですねぇ~

みなさん台風4号の被害はなかったでしょうか。

私のところは特に被害はなかったのですが、京都市内は浸水した家もあるとか・・・rain

世間はお盆休みになってますが、暦どおりの勤務をしている七兵衛ですsweat01

ダビソンフタマタ幼虫はほとんど里子に出したのですが、手元に3頭だけ残ってました。(たぶん1♂2♀)

4/1に大夢Bプロスペ1000cc手詰めに放置してたのですが、さすがにヤバい状態になったので2本目へ。

Cimg1662

Cimg1664

♂が21.9g、♀が10.0gでした。

これが良いのか悪いのかsign02 まったくわかりませんが、やや低温で管理していることもあり色からすると、もうひと伸びしてくれそうです。

ちなみに暴れが心配だったので、“カブクワやまと.com”さんで大夢Bプロスペ・ハーフアンドハーフ1.4㍑という瓶を初採用してみました。

メチャメチャ堅詰めでけっこうイイ感じの瓶でしたょ。

この種は80㎜UPするとイイ感じで貫禄がでてきますので、あと少し頑張って欲しいものですup

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします