国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

2010年8月 5日 (木)

マンディ1号

sun暑すぎてセミが素手で簡単に取れるでぇ。セミも飛んで逃げる気がないsun

職場の仲間の言葉に「そんなアホなsign02」って突っ込めないほど続く猛暑。

この時期は仕事が詰まってる上、持病の腰痛down

最近、ランニングは全然走れてませんsports

と、話は変わって・・・

先月採れたマンディブラリスフタマタ幼虫です。

行きつけのShopでも同時期に爆産した幼虫を前にして、「さぁ何に放り込もうかsign02」と思案した結果。

みんなでいろいろ挑戦してみよう。と

“マンディ Challenge2010”がスタートしました。

私は先日のヒラタケ菌糸、カワラ菌糸1400ccに加え

ジャ~ンup

Photo

発酵マット2㍑に投入してみました。

(これは意外に来ると期待しています)

いろんなメーカーの菌糸やマットのなかで、さてどれが1番大きくなるでしょうか。

2010年7月17日 (土)

マンディ投入

梅雨が明けましたねsun今日から本格的な夏のスタートです。

梅雨明け直後は熱射病が多いですので気をつけましょうsign01

さて、マンディブラリスフタマタの幼虫をどうしようかなぁ~と思案していると、目の前にちょっと放置していた菌糸瓶が2本flair

2令になった幼虫がプリカの中で寂しそうにしているので、堪らず投入 coldsweats01

ちょっと劣化しはじめたバンブーインセクトのカワラタケ&オオクワキングのカワラRush(ともに1400cc)。

Photo

飼育種を減らすとか言いながらも、もぐっていく幼虫を見ていると「まっ、いいか」と思ってしまいましたheart04

2010年7月13日 (火)

マンディ幼虫飼育

マンディブラリスの大型個体はカッコイイですよねっ。

Wildは出回ってますが、累代個体は少ない。・・・

そう。累代がけっこう難しいんですよねぇ。

(Shopにとってはありがたい人気種でしょうか)

せっかく幼虫がでてきたので

何軒か有力なShopに幼虫飼育法をうかがいました。

<結果>

○マット飼育なら一般的なクワマットでOK

○初令での菌糸投入は落ちやすい。2令以降の投入がいい。

○カワラでもオオヒラタケでもOK。でもオオヒラタケの方が安全性は高い。

○100㎜Overの大型種だが、ブリードでBigサイズは難しい。

※幼虫はかなり大きく育つが、菌糸瓶交換時に高確率で“暴れ”が発生。その結果、ガクンとサイズダウン&蛹化スイッチON

○初2令段階で幼虫が弱いので強添加は厳しいかも。

と概ねこんなところ。

ギネスも(Wild 118.0㍉ > Breeding 111.6㍉

なるほど~っ。と納得しながらも

「オオヒラタケの2㍑かなっ・・・flair」などと飼育意欲が出てきてしまっています。

このままでは飼育種が減りそうにありません coldsweats01

2010年7月12日 (月)

決意したのに

今まで国産・外国産問わずに“いいなぁ”と思う虫を飼育してきました。

どちらかといえば大きくなる種が好きなんでしょうね。

しかし sign03 “オオクワに始まり、オオクワに終わる

オオクワ80㎜のステージで飼育がEnjoyできるようになるまでは

オオクワに絞らねばっ think

と決意したハズでした。(まだ1ヶ月ですけど)。

しかし、決意前に「どうせ産まないだろぉ」と期待せずにセットしていたマンディブラリスが・・・・ coldsweats02

Photo

あらぁ~ 産んでいました。。。。。11

無欲が良かったのでしょうか。

スマトラ島、ジャンビー産 ♂101㎜×♀47㎜ 

ブリードするべきか、里子に出すべきかsweat02

。。。。迷います。。。。

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします