国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

2012年5月 6日 (日)

プチオフ会(志高カフェ)

GWの後半4連休もあっという間に終わってしまいましたsun

子どもたちも高校生になってしまうと、一緒にどこか出掛けることもないので、間近に迫った菌糸×2作業に向けて、懸命のボトル洗浄sweat01

今年は150頭飼育を目標にしていますが、単純に150頭がオス:メスが50%と仮定し、800ccと1400ccで3本がえしを基準に計算すると

1本目:800cc×150本

2本目:800cc×75本、1400cc×75本

     (空ボトル800cc×150本、1400cc×75本

3本目:800cc×75本、1400cc×75本

     (空ボトル800cc×150本、1400cc×75本)

となり、幼虫が投入されているボトル以外に多数の空ボトルがストックされないと円滑なローテーションができません。

単純計算で800ccボトル×225本1400ccボトル×150本を所有する必要があります。

多頭飼育には飼育スペースと用品保管スペースの確保は重要な問題ですsign03

200頭、300頭と飼育する方々は一体どうしていらっしゃるのでしょうね・・・coldsweats01


さて、昨日はいつもBlogにてクワ飼育と採集に関する貴重なデータなどから勉強をさせていただいているアカモビさんとプチオフ会をさせていただきました。

帰省されるご親戚のお家に近いということでお声をかけていただき、コチラ志高カフェにてお会いすることに。

Cimg3667

Blogの記事も飼育に関する論文紹介などアカデミックな記事が多く、その緻密さと感性、そして、GPS片手に採集に駆け回る行動力に感心していましたが、お話を聞かせていただくと、まさに予想していたとおりの方でした。

オオクワの他、ヒラタやアカアシ、さらにヒメオオ採集と、アカモビさんの幅広い活動から得られた知見に学ぶところは非常に大きかったです。

次回は是非、採集をご一緒させていただきたいと思います。

また、お土産にとコチラ

Cimg3848

Cimg3849

『MADAME SHINCO』のバームクーヘンを頂戴しました。

とても美味しいものをいただきましてありがとうございました。

今後とも宜しくお願いしますclover

2011年10月 2日 (日)

昆虫フィールド<採集記掲載>

遂に10月神無月になりました。

私の仕事は4月年度で動いていますので上半期が終了したことになります。毎日が早いです coldsweats02


さて、くぬぎ出版社さん『昆虫フィールドNo.77』に採集記を掲載していただきましたbook

Cimg2940

Cimg2941

昨年晩秋に仕事人と大阪府某所へ出掛けた時の記録です。

付録のDVDでも映像が楽しめますので、“ストロング軍団”の仕事ぶりをご覧下さいup


2本目ボトル交換のネタはおおくわ80さんより里子いただいた“荒島血統”81.5×51.0shine

7/11投入ですので80日交換です。

Cimg2936

Cimg2934

結果はオス15.3gメス14.6g、13.6g、12.8g、10.7gです。

またまた女系家族sweat01

Cimg2937

このラインは5頭とも上手に居食いしています。

これから伸びてくると思われますので期待していますsign03

2011年4月18日 (月)

今年の初採集

4月になり年度が変わって半月が過ぎました。

スタッフの異動や自身のポジションチェンジなどのためか、多忙感の割に業務が進みませんsweat01

こんな時に、良い個体でもパッと羽化してくれたら気分も違うのでしょうが、期待している国産オオクワたちはまだ蛹化前 or 蛹。なかなか景気の良い話題がありませんdown

そんななか昨日は、ストロング軍団関西斑メンバー2名とともに兵庫県猪名川町と三田市へと今期初の採集に出動してきました。

成果は見事にボウズでしたが、特に肝川周辺で毎年大型個体が採集されているポイントの下見ができたことはよかったと思います。

Cimg2417

Cimg2419

これから、気温の上昇とともに下草や笹が生い茂るため、採集ポイントまで辿り着くことすら困難になってきますが、「迷ったら苦しい方を選ぶ」というストロング軍団の精神のもと、採集道に精進したいと思います。

さて、クワ飼育の話題はというと・・・。

ディディエールシカの産卵セット3セット目です。

Cimg2413

どんだけディディエールを採る気やねん」という声もありますが、勢いで3メスも入手してしまったため、放っておいても仕方がないですから・・・coldsweats01

ちなみにこの産卵セットには、天然エノキカワラ材と最近話題の“爆卵棒”を使用してみました。

その名の通りに爆卵棒は爆産するのか?天然材の方を好むのか?結果が楽しみなところです。

また、今年の初飼育種、キルクネリウス・グアンシィのメスが羽化しました。

Cimg2421

サイズは少々小さく、ラベルを明記しないとコクワと間違えそうです。

オスも蛹化しましたし、個性的な個体が完品羽化することを期待したいと思いますsign03

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします