国産オオクワ2013 LINEUP

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.0×53.5)
      №2 (82.0×51.5)
      №3 (82.0×49.5)
      №4 (80.5×51.5)
      №5 (80.5×53.5)
      №6 (82.4×51.0)

    2012年再セットライン
      №25(82.1×52.6)2012-⑤
      №26(82.4×51.9)2012-⑥
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (82.2×51.0)
      №12 (80.6×51.8)
      №13 (82.3×52.0)
      №14 (82.3×53.2)
      №15 (81.7×49.5)
  • 城島産 <自己ブリ>
      №21 (81.0×51.5)

国産オオクワ2012

  • 能勢YG血統 <自己ブリ>
      №1 (82.4×54.8)
      №2 (82.4×50.0)
      №3 (82.4×50.0)
      №4 (80.0×49.3)
      №5 (82.1×52.6).
      №6 (82.4×51.9)
  • 能勢YG血統 <里子>
      №11 (81.1×52.0)
      №12 (79.2×49.0)
      №13 (79.5×51.0)
      №14 (79.5×51.0)
      №15 (82.0×53.0)
      №16 (77.6×49.8)

飼育腫:外産種等

  • Prosopocoilus corporaali
    インドネシア ブル島
    2012年 BE-KUWAギネス認定
    2013年 BE-KUWAギネス認定
  • Dorcus sawaii
    ベトナム・ゲアン
  • Dorcus hyperion hyperion
    ミャンマー・ティディム
  • Dorcus wickhami
    オーストラリア・クィーンズL
  • Prosopocoilus gracilis
    中国広西壮族自治区大瑶山
  • Dorcus suturalis
    パキスタン・バットグラム
  • Dorcus rama
    インドネシア・スマトラ島

~ 連絡先 ~

  • ご連絡等はこちらへ

2012年1月16日 (月)

3本目へのボトル交換⑥<川西>

2011国産オオクワ飼育ももう後半戦。

我が家の交換もあとは川西産(MDG)を残すのみとなりました。

紅はサイズを狙うタイプではないので、大型血統に関しては遂に土俵際sweat01

「30g程度の個体ばかりで春を待つのか・・・weep

と少々不安を抱きつつ、じろうさん里子のMDGを交換です。



事前に「同腹で35gも出ています」との連絡もあり、かなりプレッシャーを感じながらの1本目。

   Cimg3322 

        25.5g → 30.1g

「やっぱり、今年はこんなもんやなぁ~」と諦めかけた2本目。

  驚き桃の木山椒の木、ブリキに狸に洗濯機

    一気に時を渡りきり、ついに出た出たやっと出た。

      地球のアイドル ヤットデタマン!

            ( お若い方には意味不明?? )

      やっと×2、出て来ましたshine

Cimg3323

    26.0g → 34.3g

そして、最後は最も小さかった24g個体eye

Cimg3319

    24.0g → 34.5g

お~~っ、見事な10.5gの大幅UPupup


昨年も最大体重個体はセミ化や羽化不全になった経緯もありますし、羽化してナンボの世界ですから、幼虫体重だけで一喜一憂はできません。

特に川西系ですのでなおさら羽化サイズが問われるところだと思いますが、「自身の飼育力」の指標として大型幼虫を出すことができたか、ポテンシャルを十分に引き出せたのかという点では意義あるところと考えますflair

新年以降の交換は、オス29.9~34.5gメス13.4~16.9gとまずまずの好感触。

誠に非科学的ではありますが、今年は少し“クワ運気”がUPしてきた感がありますので、また頑張りたいと思いますsign03

アクセスカウンター

Friends

BANNER

  • 相互リンクを宜しくお願いします